ここから本文です

【ACLプレビュー】J王者として6年ぶりのアジアの舞台、初戦はACL常連の韓国王者《全北現代vs横浜F・マリノス》

2/12(水) 15:10配信

超WORLDサッカー!

12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第1節が行われる。

Jリーグ勢からはJリーグ王者の横浜F・マリノス、天皇杯王者のヴィッセル神戸、そしてプレーオフを勝ち抜いたJリーグ2位のFC東京が参戦。鹿島アントラーズは惜しくもプレーオフで敗退となった。

新型コロナウイルスの影響もあり、中国勢との対戦日程が変更されるなど、色々なエクスキューズがある今大会。Jリーグ王者として横浜F・マリノスが初戦に臨む。

◆6年ぶりのACL挑戦

2004年以来、15年ぶりにJリーグ制覇を達成した横浜FM。アンジェ・ポステコグルー監督に率いられたチームは、革新的なサッカーを見せ、2014年以来のACL出場権も獲得した。

本戦から出場する横浜FMだが、これまでのACLでは結果を残せていない。2004年、2005年にも出場したがグループリーグ敗退。そして2014年もグループリーグ敗退だ。

今大会もグループにはシドニーFC(オーストラリア)、全北現代モータース(韓国)、上海上港(中国)が同居し、簡単な相手ではない。まずはグループリーグ突破、そして更なる高みを目指す。

◆ゼロックスの借りを返しに

今シーズンの公式戦初戦は、8日に行われたゼロックス・スーパーカップだった。天皇杯王者のヴィッセル神戸と対戦したが、打ち合いの末に3-3。PK戦は9人連続失敗という珍しい事態も起こったが、2-3で敗れていた。

常に神戸に先行される展開だったものの、3度追いついた横浜FMの強さは今シーズンも健在のようだ。新戦力のオナイウ阿道もデビューし、ケガで長期離脱していたFWエジガル・ジュニオも復帰。結果として負けたものの、内容は悪くなかったと言える。

来週にはリーグ戦の開幕を控えており、まずはACLで弾みをつけたいところ。ACLを2試合を戦ってからガンバ大阪戦を迎えるだけに、まずは2試合で結果を残したいところだ。

懸念としては、外国人枠の問題か。Jリーグとはレギュレーションが異なり、正守護神のGK朴一圭が登録から外れている。徳島ヴォルティスから新加入となったGK梶川裕嗣がどこまで世界の舞台で飛躍できるかにも注目だ。

◆Kリーグ王者の全北現代

対する全北現代は、昨シーズンのKリーグ1で優勝。リーグ3連覇を成し遂げている韓国の強豪だ。

今シーズンの補強では、慶南FCから日本人FW邦本宜裕、元南アフリカ代表FWラース・ヴェルドウィク、Kリーグ2位の蔚山現代から柏レイソルなどでプレーしていたMFキム・ボギョンらが加入。一方で、得点源だったブラジル人FWリカルド・ロペスが上海上港に、韓国代表FWキム・シンウクが上海申花へと移籍。新たなチームとして臨むこととなる。

韓国王者であること、ACLでの経験という点では、横浜FMを上回っているが、新チームとしてどこまで機能できるか。今のチーム状態を考えれば、横浜FMにも分はあるだろう。

★横浜F・マリノス予想スタメン

GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:扇原貴宏、マルコス・ジュニオール、喜田拓也
FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太
監督:アンジェ・ポステコグルー

◆注目選手

注目選手はFW仲川輝人をピックアップ。

昨シーズンのJリーグ MVPである仲川が、ついにアジアの舞台に立つ。現在のチームにおいて欠かせない存在であるだけでなく、仲川の活躍が今シーズンの横浜FMの出来を左右する可能性は高い。

朴一圭だけでなく、攻撃陣を見てもFWエジガル・ジュニオが外国人枠の問題で登録外になっており、日本人選手の活躍は不可欠。アジアの舞台でも“ハマのGT-R”がピッチを駆け回る姿を見たいとともに、仲川自身の更なるレベルアップのためにも、ACLでの活躍が不可欠となるだろう。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/12(水) 15:10
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事