ここから本文です

寒暖差20度以上のところも…春告げるカンザクラ咲く 長野・天龍村

2/12(水) 20:42配信

SBC信越放送

寒暖差20度以上のところも…春告げるカンザクラ咲く 長野・天龍村

県内は朝の真冬並みの寒さから一転し日中は春の陽気となり、一日の寒暖差が20度以上のところが多くなりました。
こうした中、県の最南端の天龍村では、春の訪れを告げるカンザクラが咲き始めました。
暖かな日差しを浴びて淡いピンク色の花が咲き誇ります。
天龍村平岡にあるJR飯田線・伊那小沢駅のカンザクラです。
県内でもっとも早く咲くサクラとして知られ、関係者によりますと、今年は、先月下旬から5本のうちの1本の木で、花が開き始めました。
まだ、標準木には花が咲いていないため、開花宣言は出ていませんが、村によりますと早ければ今週末にも「開花」となりそうです。
きょうは、飯田市南信濃で最高気温が15.6度を観測するなど4月上旬並みとなったところも多く30の観測地点のうち9つで今年最も暖かくなりました。
天龍村では、梅の花も見ごろを迎えていて、今月16日に村内で行われる駅伝にあわせて満開を迎えそうです。

最終更新:2/12(水) 21:07
SBC信越放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事