ここから本文です

【MISIA ライヴレポート】『MISIA BIG BAND ORCHESTRA SWEET & TENDER』2020年2月2日 at 横浜アリーナ

2/12(水) 12:02配信

OKMusic

 クラブカルチャーからシンガーのキャリアが始まったこともさることながら、彼女は子供の頃から教会でゴスペルに触れていたというから、MISIAが幾度目かのベストアルバムとなった『MISIA SOUL JAZZ BEST 2020』において再びソウルジャズをフィーチャーしたのは必然であったのだろうが、デジタル技術が行き着くところまで来た感のある今日の音楽シーンにおいて、このタイミングでルーツミュージックを提示してきたのは興味深いことだし、これもまた必然と言っていいと思う。

MISIA 横浜アリーナ公演のその他の写真

 このノリはコンピュータでは作ることができない…ということでもないのだろうけど、少なくとも生のステージにおいて演者同士のアンサンブルによって生まれる複雑なグルーブはその場限りのものでしかない。その意味では同作を携えてビッグバンド編成によるコンサートを行なうというのは時代へのカウンターでもあると言える。MISIAの歌もミュージシャンの演奏もAIになんか絶対に真似できない。

 歌声に圧倒されて何度も鳥肌が立った。本来、感動した時に“鳥肌が立つ”とは言わないらしいが、本当にそうだったのだから仕方がない。正直に告白すると、ダンサーもいないので派手なパフォーマンスもないだろうし、スクリーンがないということは映像演出もないだろうから、総勢30名に近いミュージシャンがバックを務めているとは言っても、今どきのコンサートとしては地味じゃなかろうか…と事前にはそんなことも思っていた。少なくともアリーナ向けのライヴではないだろうと。だが、そう思ったことを反省するし、後悔すらしている。

 ビッグバンドを従えようが、1万5,000人を前にしようが、MISIAの歌はそれらに引けを取らないばかりか、大人数のバンドメンバーおよび大観衆と対峙することで、そのスペックが何倍か増したようであった。全ての楽曲がハイライトと言えるような公演で、彼女の歌はどれもこれも素晴らしかったが、その中でも観客の多くに強烈なインパクトを与えたのは「オルフェンズの涙」だったと思う。特にアウトロで見せたMISIAとサックスとの掛け合いは凄まじいまでの迫力に満ちていた。

 楽曲がバシッとカットアウトで終わると、驚嘆に近い息遣いが大勢のオーディエンスの口から漏れるのがはっきりと分かった。そこから一拍を置いて、文字通り割れんばかりの拍手が鳴った。その時の場内の空気はまさに筆舌に尽くし難く、強いてビジュアル化するなら“……!!!!!!”という感じであっただろうか。長年いろんなライヴを拝見させてもらってきたが、こんな瞬間に立ち会ったのは間違いなくこれが初めてである。

撮影:Masaaki Miyazawa、Junichi Itabashi、Santin Aki/取材:帆苅智之

セットリスト

1. CASSA LATTE
2. 来るぞスリリング
3. LADY FUNKY
4. 真夜中のHIDE-AND-SEEK
5. キスして抱きしめて
6. BELIEVE
7. あなたとアナタ
8. オルフェンズの涙
9. 愛はナイフ
10. Mysterious Love(feat. MIYACHI)
11. あなたにスマイル:)
12. MAWARE MAWARE
13. つつみ込むように…
14. 陽のあたる場所
<ENCORE>
1. Everything
2. アイノカタチ

OKMusic編集部

最終更新:2/12(水) 12:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ