ここから本文です

【京都記念】アルメリアブルーム 坂路ラスト12・5秒「一番いいパフォーマンスができる条件」

2/12(水) 21:03配信

東スポWeb

【京都記念(日曜=16日、京都芝外2200メートル)注目馬12日最終追い切り:栗東】アルメリアブルームは坂路で単走。小柄な馬とは思えないほど力強いフットワークで坂を駆け上がり、4ハロン52・8―12・5秒の好時計をマークした。前走(愛知杯=2着)でタフな重馬場を走った後でも疲れはまったく感じられない。陣営は仕上がりに納得の表情を浮かべ、京都2200メートルでの好走に期待した。

 高橋康調教師「坂路駆けする馬ではないですが、思った以上に動けていましたね。いい状態をキープできています。重い馬場は得意ですし、輸送や距離を考えても一番いいパフォーマンスができる条件だと思います」

東京スポーツ

最終更新:2/12(水) 21:43
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事