ここから本文です

アンドリュー・ヤン氏が撤退表明、米大統領選の民主党候補指名争い

2/12(水) 12:10配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米大統領選の民主党候補指名争いから起業家アンドルー・ヤン氏が撤退する。11日にニューハンプシャー州で行われたワシントン・ポスト紙とのインタビューで明らかにした。

ヤン氏は18歳以上の国民全員に1カ月1000ドル(約11万円)を支給する「ユニバーサル・ベーシックインカム」を公約に掲げていた。

同氏はこのインタビューで、予備選が今後行われる州で代議員獲得のための十分な支持が見込めないとコメントした。他の候補者への支持表明は控えた。

(免責事項:民主党候補指名を目指すマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長はブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの創業者で、過半数株式を所有している)

原題:Andrew Yang Ends Long-Shot Campaign Built on $1,000-a-Month Plan(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Emma Kinery

最終更新:2/12(水) 12:10
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事