ここから本文です

サムスン電子、最新モデル「ギャラクシーS20」シリーズ発表

2/12(水) 16:56配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 韓国サムスン電子は11日、主力スマートフォン「ギャラクシー」の最新モデル「S20」シリーズを発表した。同社が強みとする半導体の性能を生かす仕様で、カメラ機能を強化、第5世代(5G)移動通信ネットワークに対応する。

サンフランシスコとロンドンで同日開催のイベントで発表された同シリーズは画面の大きさが異なる3モデルで構成。最上位「S20ウルトラ」は6.9インチで、裏面に4つのカメラがあり、100倍ズーム可能で108メガピクセルのセンサーを備える。16ギガバイト(GB)のメモリー搭載で価格は1399.99ドル(約15万3800円)から。米アップルが「iPhone(アイフォーン)」をより手頃な価格で提供しようと試みる中、S20シリーズは最も安いモデルで999.99ドルだ。

サムスンはこの発表イベントで、従来モデルよりコンパクトな折り畳み式スマホ「ギャラクシーZフリップ」も公式に披露した。

ベイストリート・リサーチのシニアアナリスト、クリフ・マルドナド氏は「特定のハードウエア面のイノベーションに関して言えば、サムスンはスマホ競争で先んじていると思う」と指摘。しかし、同社独自のソフトウエアに欠けるため、アップル製品と「同等のユーザー体験を提供するのに苦労している」とも付け加えた。

発表に先立ち、調査会社カウンターポイント・リサーチはS20シリーズの今年の出荷台数を4000万台余りと予測。目玉となるカメラと5G対応で、前世代のS10シリーズの3600万台を超えるとみている。折り畳み式スマホの「ギャラクシーZフリップ」の出荷台数は今年、200万台前後になると予想。

原題:Samsung Bets on Big Camera Upgrade in Galaxy S20, Unveils Z Flip(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Sohee Kim, Mark Gurman

最終更新:2/12(水) 16:56
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ