ここから本文です

佐野勇斗、卓球戦国時代でピンポンバトル!新ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」にイケメン集結!

2/13(木) 5:00配信

シネマトゥデイ

 俳優の佐野勇斗が、2020年4月深夜に日本テレビでスタートする新ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」に出演することが明らかになった。“卓球戦国時代”と化した東京を舞台に高校生たちが激しいピンポンバトルを繰り広げるストーリーで、古川毅、北村匠海らも出演する。

注目のイケメン!佐野勇斗の魅力に大接近【フォトギャラリー】

 空前の卓球ブームが巻き起こり、高校生同士の優劣を決めるのは勉強や喧嘩の強さではなく卓球の勝敗。卓球のランクが下位の高校は上位の高校に絶対服従し、高校同士が覇権争いを繰り広げる“卓球戦国時代”を本ドラマでは描く。全校生徒がヒップホップを愛する自由闊達(かったつ)な校風で、“エビ高”や“長門勢”と呼ばれる「恵比寿長門学園」の高杉律を佐野は演じる。“エビ高”には桂光太郎(古川)、松陰久志(北村)らも所属している。

 佐野は「律は一見クールに見えて、とても仲間想いの芯がある男です」と話し、「0.1秒先の未来が読めるという特殊な力を持っており、卓球をする上で、相手がどこに打ってくるかわかってしまうという少し人間離れした能力 を持っている役です」と紹介。

 「たくさんの男たちが激しい卓球バトルや熱い友情を繰り広げる青春ドラマになっていますので、ぜひ放送を楽しみにしていただき、たくさんの方にご覧いただければ嬉しいです!」とメッセージを送っている。

 完全無欠の王者とされる、都内最強のチーム「薩川大学付属渋谷高校」のメンバーとして草川拓弥、小笠原海、松尾太陽ら、凶悪な不良高校「都立八王子南工業高校」のメンバーとして森崎ウィン、板垣瑞生、矢部昌暉らも登場する。

 YouTubeチャンネル登録者数220万人以上を誇るマルチクリエイター・まふまふがプロデュースし、EBiDAN)が歌唱する楽曲「FAKE MOTION」が主題歌として使用される。(編集部・海江田宗)

最終更新:2/13(木) 5:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事