ここから本文です

ドクターヘリ 県外にも搬送できるように

2/13(木) 13:32配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

ドクターヘリの運用が13日から変わります。
これまで県内に制限されていた患者の搬送エリアが県外にまで広がりました。

県内では、平均で年に10件ほど県内の病院では対応ができない症状の患者を県外の病院に運ぶケースがありますが、ドクターヘリでは運ぶことができないため、県の防災ヘリ「ひばり」がその役割を担ってきました。

しかし今回規約が改正され、ドクターヘリでも県外へ搬送できるようになるため、交通事故の現場に出動し、患者を県外の病院に運ぶことも可能になります。

熊本地震でもドクターヘリでは県外への搬送ができませんでしたが、おととし3月に運行ルールを策定し、例外的に災害がおきた時は県外への搬送ができるよう定めていました。
今後は通常運行でも県外へ患者を運ぶことができるようになるため災害発生時にもスムーズな対応が期待されます。

RKK熊本放送

最終更新:2/13(木) 13:32
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事