ここから本文です

春秋航空日本、実機改装のCA訓練施設 航空科学博物館に、一般公開も

2/13(木) 20:29配信

Aviation Wire

 春秋航空日本(SJO/IJ、SPRING JAPAN)は2月13日、実機を改装した客室のモックアップ訓練施設を、成田空港に隣接する航空科学博物館に設置すると発表した。月内の正式稼働を予定する。実機を使用した訓練施設は、国内のLCCでは初となる。

 航空科学博物館内にオープンした体験館に設置する。通常は同社の客室乗務員が使用するが、訓練日以外は来館者に公開する。

 モックアップには、退役した他社のボーイング737型機を使用。米カリフォルニア州のサンバーナーディーノ国際空港に保管されていた退役機を選定し、訓練施設用に加工した。

 航空科学博物館は、日本初の航空専門博物館として1989年8月1日にオープン。2019年に開館30周年でリニューアルし、2階建ての体験館を新たに設置した。体験館には737 MAXと777のシミュレーターを1台ずつ展示している。

Yusuke KOHASE

最終更新:2/13(木) 20:29
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ