ここから本文です

江戸時代の雛飾りを展示・八代市

2/13(木) 17:04配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

八代市では旧八代城主松井家に伝わる雛飾りの展示が始まっています。

展示されている雛飾りは、250年から150年ほど前の江戸時代に松井家で婚礼や女児の誕生を祝うために作られたもので、京都から買い求めた記録が残っています。

当時は人形師が豪華な刺繍を施したものなどが大奥や大名家の間でもてはやされたとされています。
冠の細かな金細工や着物の豪華絢爛な刺繍は職人文化の粋を集めたものといえ、細い目にすっと伸びた鼻など人形の顔にもこの時代の特徴がよく表れています。
展示は、来月末まで行われています。

RKK熊本放送

最終更新:2/13(木) 17:04
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事