ここから本文です

VW、超高速充電ステーションの新たなプロトタイプを発表…2020年内に量産へ

2/13(木) 14:00配信

レスポンス

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は2月11日、EVなどの電動車向けの超高速充電ステーションの新たなプロトタイプを発表した。

画像:VWの超高速充電ステーションの新たなプロトタイプ

このプロトタイプは、フォルクスワーゲングループと「E.ON」が共同開発した。E.ONは、ドイツのエッセンに本社を置く国際的なエネルギー企業。ヨーロッパ最大のエネルギー企業の1つであるE.ONは、グリーンでデジタルなエネルギーを実現するうえで、主導的な役割を果たしている。

新たなプロトタイプは、バッテリーシステムを統合することにより、場所を問わず低いコストで設置できるのが特長だ。このソリューションに対する需要は、地方自治体やガソリンスタンド、サービスエリアなどから出ているという。さらに、駐車場や物流会社にも、ニーズがあると見込む。

充電ステーションは、プラグアンドプレイの理念に従ってインストールされる。場所を決めて、接続し、オンラインシステムを構成するだけで済むという。最大150kWの出力で、2台のEVを同時に充電できる。およそ15分の充電時間で、約200kmの航続分のバッテリー容量を充電することが可能だ。

また、グリーン電力のみで超高速充電ステーションを作動できる。アップデートやメンテナンスなどは、E.ONの中央ソフトウェアプラットフォームで実行される。この技術は、EUとドイツの両方の法律に基づく財政支援のすべての要件を満たしているという。

フォルクスワーゲングループは、2020年内にこの超高速充電ステーションの量産を開始する予定だ。E.ONは、2020年の後半に6つの高速道路のガソリンスタンドで集中的にテストを行い、「E.ONドライブブースター」という名称でドイツ国内に設置する、としている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:2/13(木) 14:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事