ここから本文です

<知らなくていいコト>“尾高”柄本佑の“不倫キス”に視聴者騒然

2/13(木) 20:03配信

MANTANWEB

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が2月12日、放送された。吉高さん演じるヒロイン真壁ケイトと、柄本佑さんさん演じる“元カレ”で、動物カメラマンの尾高由一郎とのキスシーンが描かれ、SNSでは「ラストの尾高さんやばい」などの声があがった。

【写真特集】「イケメン」「大人の色気」と話題 柄本佑の写真

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(日本テレビ系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石静さんが描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者、真壁ケイト(吉高さん)はある日、自身の父がハリウッドスターだと聞かされる。自分の出生の謎と父の秘密に迫ると、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリー。

 第6話のラストでは、仕事で不倫を暴いたケイトが、尾高の仕事部屋を訪れる。尾高は、「後味が悪いのは俺と不倫みたいなことしているから? そういうこと話したくて来たんだろ?」と尋ねると、ケイトは「やっぱり不倫なんだ私たち」と話す。

 「(不倫は)ちがう」という尾高は、「けど問題が1個ある。俺の心の中にいつもケイトがいる。まあ家族には不満はないよ。大事に思っている。けど、ケイトを思わない日がない」と続ける。「こうやって正直に言葉にすれば、踏みとどまれると思ったんだけど……踏みとどまろう」と言いつつ、尾高はケイトに熱いキスをして……という展開だった。

 SNSでは、「尾高さんの魅力があふれてました」「尾高さんにキスされたい」「最後ビックリしたけど、、やっぱ尾高さんかっこいい」「キュンキュンした」といった声で溢れた。一方で、「えっ…尾高さんガッカリだよ!」「じゃあなんで結婚したんだ尾高さん」「でも奥さんのこと思うと最低だ尾高」という声もあがっていた。

 毎週火曜日に放送中のドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)に登場したワード「天堂担(当)」という言葉を用いて、「落ちた…もー尾高担」「天堂担 尾高担 悩ましい」「昨日今日で天堂担に尾高担に忙しいです」という声もあった。

最終更新:2/13(木) 20:03
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事