ここから本文です

日産自動車、営業益82.7%減…通期予想を再度下方修正 2019年4-12月期決算

2/13(木) 18:45配信

レスポンス

日産自動車は2月13日、2019年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比82.7%減の543億円で4年連続の減益となり、中間期に引き下げた通期予想も再び下方修正した。

[関連写真]

第3四半期累計のグローバル販売台数は、全体需要が低迷する中、同8.1%減の369万7000台となった。中国はほぼ前年同期並みの109万1000台だったが、日本は消費税増税や台風の影響などで全体需要が減少したことに加え、商品車齢が高くなってきたことなどにより、同6.9%減の38万1000台となった。この他のエリアも、米国が同9.1%減の98万台、ロシアを含む欧州は同16.2%減の39万5000台、アジア・オセアニア、中南米、中東、アフリカをはじめとするその他市場は同11.5%減の54万7000台と伸び悩んだ。

これらの結果、売上高は同12.5%減の7兆5073億円で3年ぶりの減収。営業利益は同82.7%減の543億円、経常利益は同70.0%減の1414億円でともに4年連続の減益、純利益は同87.6%減の393億円で2年連続の減益となった。

通期連結業績見通しについては、業績の低迷や全体需要の鈍化が続くことを想定し、第2四半期決算発表時(2019年11月12日)に続き下方修正。売上高10兆2000億円(前回予想比-4000億円)、営業利益850億円(同-650億円)、純利益650億円(同-450億円)とした。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2/13(木) 18:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ