ここから本文です

耐衝撃構造を備えたiPad用キーボード ロジクール「RUGGED FOLIO」を使ってみた

2/13(木) 11:00配信

ITmedia PC USER

 iPadOS 13.1からマウスに対応したことで、さらにPCライクな使い方ができるようになったiPad。マウスでポインタを動かしての操作が可能になったことで、スタンドに立てた状態で使う機会は、これまで以上に増えるだろう。

【写真】US配列のキーボード

 マウスを接続してPCライクに使うにはキーボードの存在も欠かせないが、iPadと一体化させて持ち歩けるケース一体型キーボードは、現時点で選択肢はそれほど多くない。特にSmart Connectorへの対応を条件とするならば、これまでは純正のSmart Keyboard、およびSmart Keyboard Folioしか選択肢が事実上存在しない状況だった。

 今回紹介するロジクールの「RUGGED FOLIO」は、最新の第7世代iPad用ケース一体型キーボードだ。Smart Connectorにも対応しており、本体と一体化して持ち歩けるのが大きな利点だ。今回はメーカーから借用した機材を元に、純正のSmart Keyboardと比べてどこが違うのか、その使い勝手をチェックしよう。

背面までがっちり保護、耐衝撃性能に優れたケース

 本製品は、第7世代iPadと一体化して持ち歩くことを前提とした保護ケースだ。ノートPCと同様に、画面に重ねて閉じる構造を採用している。Smart Connectorにも対応しており、ペアリングなどの作業を必要とせず、iPadをセットすればすぐに利用できるのが特徴だ。

 第7世代iPadに対応する純正のSmart Keyboardは、そもそもカバーではないので背面が覆われておらず、保護カバーを別途用意しなくてはいけない。側面もむき出しなので、落下などで角からぶつけた場合は高い確率で破損につながる。

 その点、本製品は側面もしっかりとガードされており、落下した時の破損の不安も少ない。内側をのぞくと、耐衝撃タイプのポータブルHDDと同じように、落下の衝撃を吸収、分散する構造になっており、耐久性は高そうだ。ホームページには「米軍規格をしのぐ落下保護」とあることから、いわゆるミルスペックに準拠していると考えられる。

 では、早速使ってみよう。

1/4ページ

最終更新:2/13(木) 11:00
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事