ここから本文です

人気女優が複雑な家庭で育ったことを告白 両親は反面教師「こうはなりたくない」

2/13(木) 11:45配信

デイリースポーツ

 ジェニファー・アニストン(51)が、安全と感じない家庭環境で育ったことを告白した。『フレンズ』で一躍有名となったジェニファーは、大人たちがいがみ合う不安定な環境で育ったことから、周りの人々がそういった経験をしないように、常日頃「喜びとポジティブさ」を振り撒くようにしているという。

【写真】ブラピが元妻ジェニファーとニアミスも「良い友達」「2番目に重要な再会」

 サンドラ・ブロックが進行役を務めたインタビュー誌の企画で、サンドラはジェニファーが「喜びとポジティブさを振り撒いている」とし、「自分の思うように物事が進まなくても、どうやって落ち込むことなく明るい自分でいられるのか」と質問した。

 これに対しジェニファーは、家庭環境によって生まれたものであることを明かした。

 「まず始めに、それって今まで言われた中で最高の言葉よ。これは、不安定で安全と感じない家庭で育ったことが由来していると思う。大人たちがいがみ合うのを見て、人間のある種の行動に対し『こんなことしたくない。こうはなりたくない。今私の体の中にあるこの感情を経験したくない。誰にも、これを経験して欲しくない』って思ったからだと思う」

 「だから、私の両親に感謝すべきかもね。怒りに包まれたり殉教者になるって選択もあるけど、『レモンあるのね。じゃあレモネードを作りましょう』って言うことだって出来る」

 そんな反面教師の役割を担ったとみられる両親のナンシー・ダウとジョン・アニストンは、ジェニファーが9歳の時に離婚している。

 またジェニファーは、ロサンゼルスに引越してきてから築いた友人の輪に救われたとしてこう続けた。

 「女性達が助け合うという会話は新しいものだけど、私達はいつもそうしてきたと思う。20年前にロサンゼルスにやってきて、今でもテーブルを囲む女友達に出会ったの。彼女達は違った道を歩んでいた」

 「それまで、集まって長々と話をする女友達の輪に属したことはなかったの。私は『うわぁ、カルフォルニアの人たちって、黙ることを知らない。彼女達は、自分の気持ちを語り、お互いの前で涙するのね』って感じだった。そして私はこう思ったわ。『ニューヨーク育ちの私は、今ローレル・キャニオン地区で、花柄のワンピースを着て、誰かがつけてくれた水晶のペンダントを首に巻いて、セージの煙の中にいる。火星に降り立ったみたい』ってね」

 「でも本当にそう思うんだけど、それが私を救ったのよ。私達がいる業界は、本当に厳しくて、親切でも、包括的でも支援的でもないことがある。多くの場合、その反対よ。オーディションに行っても、女の子達は何も話してくれないし、そうでなければオーディション中私が集中している時に話しかけてきて、気を散らさせようとしたりね」(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:2/13(木) 13:29
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ