ここから本文です

「グザヴィエ・ドランと親友になれて最高」ジェイコブ・トレンブレイが撮影を回想

2/13(木) 14:10配信

映画ナタリー

グザヴィエ・ドラン監督作「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」よりジェイコブ・トレンブレイのコメントが到着した。

【動画】「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」予告編(メディアギャラリー他22件)

本作は、29歳でこの世を去った人気俳優ジョン・F・ドノヴァンの死の真相が、彼と11歳の少年ルパートが交わしていた“秘密の文通”から明かされていく物語。ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントンがジョンに扮し、ナタリー・ポートマン、スーザン・サランドン、キャシー・ベイツがキャストに名を連ねた。

ルパートを演じたトレンブレイは「子供だけど早熟で聡明なルパートに魅力を感じたんだ」とオファーを受けた理由を明かし、「映画界の大先輩たちと共演できると聞いたときはとてもうれしかった。でもあまりにも豪華なキャストがそろいすぎて緊張したんだ」と振り返った。そして「撮影を通じてドランとも親友になれて最高の経験ができたと思っているよ」と述べている。

一方のドランは「ジェイコブの演技力は信じられないほど素晴らしい。本当に天才子役だと思ったよ」と絶賛。また自身が子役時代にレオナルド・ディカプリオに憧れていたことに触れつつ「いつも作品に自分自身を反映させているけど、ジェイコブが演じたルパートはまさに僕の子供時代の経験から生まれている。ルパートはスターに憧れる少年で、いつか自分も彼らのようになりたいと思っているんだ」と語った。

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」は3月13日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。



(c)THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

最終更新:2/13(木) 14:10
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ