ここから本文です

新型肺炎で国内初の死者 神奈川の80代女性 親族のタクシー運転手も感染

2/13(木) 20:55配信

毎日新聞

 新型コロナウイルスによる感染症で、厚生労働省などは13日、神奈川県の80代の女性が感染し、死亡したと発表した。感染者の死亡は国内で初めて。また、この女性以外にも計3人の感染が新たに確認された。いずれも最近、中国への渡航歴や肺炎患者との明確な接触は確認できなかったといい、厚労省は感染経路を調べている。

【「くすり手元届かず」窮状を訴える乗客】

 厚労省などによると、神奈川県の女性は1月22日に体のだるさを覚え、28日に医療機関を受診。2月1日の再受診で肺炎の診断を受けて入院した。6日に抗生剤を使った治療を受けたが呼吸状態が悪化し、13日に死亡が確認された。12日にウイルス検査をしており、死亡後に陽性と確認されたという。感染と死亡との因果関係は調査中だが、女性に最近の渡航歴はなかった。

 また、女性の親族で東京都の70代男性の個人タクシー運転手も13日、感染が確認された。1月29日に発熱し、2月6日に医療機関へ入院していた。

 和歌山県によると、「済生会有田病院」(同県湯浅町)の50代の男性外科医が感染。1月31日に発熱し、2月1~2日は診察を休んだ。8日のコンピューター断層撮影(CT)検査で肺炎の特徴を示し、10日に入院。13日の検査で感染が判明した。新型コロナウイルスに感染した患者と接触していたかどうかは不明という。一般の医療従事者の感染確認は初めて。

 ほかに同僚の男性外科医と男性患者ら計4人が肺炎を発症しているという。1人は検査で陰性だったが、同僚医師ら残り3人は感染が疑われるという。県は感染した男性医師の同僚や家族にも検査を実施する。同病院は当面の間、新規の患者の受け入れを中止する。退院する予定の患者もしばらくの間、留め置く方針。潜伏期間などを踏まえ、1月18日~2月13日に通った患者を対象に特別外来を設置する。発熱などの症状がある人に受診を促す。

 千葉県によると、20代の会社員男性が感染。2日に微熱があり、3日に県内の医療機関を受診。7日に38度台の熱とせきが出て、10日に肺炎と確認され入院した。3~10日に3日間出社したという。13日の検査で陽性と判明し、現在も中等症で入院しているという。

 国内で感染が確認されたのは、クルーズ船218人▽クルーズ船の検疫官1人▽中国・武漢市からのチャーター機12人(無症状3人を含む)▽その他20人――で計251人となった。【矢澤秀範、黒川晋史、内田幸一、宮本翔平】

最終更新:2/14(金) 0:52
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ