ここから本文です

カンテレ、槇原容疑者が手がけた「社歌」の使用中止「当面、見合わせる」

2/13(木) 20:38配信

デイリースポーツ

 歌手の槇原敬之容疑者が13日、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。これを受け、関西テレビは2015年春から使用しているブランドコンセプト「超えろ。」の応援曲として、槇原容疑者が手がけた同名シングル曲(15年5月発売)の使用を当面、見合わせることを決めた。

【写真】エリカ様「超緊張してる~ぅ」金髪&20センチのピンヒールで大はしゃぎ

 デイリースポーツの取材に対し同局は「逮捕を受けて、詳細は明らかになっていないですが、放送PRとしての楽曲使用を当面、見合わせる判断をしました」と回答した。この日、番組PRで同曲が流れる予定だったが、別のものに取り替えたという。

 「超えろ。」がスタートした15年3月30日には槇原容疑者が同局を訪れ、同曲を生披露。公式サイトでは同曲について「『超えろ。カンテレ』キャンペーンソング、新番組(※当時。すでに終了)『ゆうがたLIVEワンダー』のテーマ曲、カンテレ社員のスピリットが込められた社歌、3つの意味が込められています」と表記されていた。午後6時過ぎにサイト内の「超えろ。」PRは閲覧できなくなった。

最終更新:2/13(木) 20:44
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事