ここから本文です

JALと住友商事、「空飛ぶクルマ」のサービス化で提携、米ベル社のeVTOL(電動垂直離着陸機)を活用へ

2/13(木) 13:42配信

トラベルボイス

JALと住友商事、米ベル・テキストロン社はこのほど、エアモビリティ分野に関する業務提携を締結した。

今後3社は同分野での新規事業の創出や次世代インフラ事業の開発などを目的に、日本とアジアでの市場調査や共同研究などを推進。滑走路が不要で環境性能に優れ、「空飛ぶクルマ」として注目を浴びている、ベル社の「eVTOL(electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)」を用いたサービス提供を検討していく。

今回の取り組みで、JALは空の移動に関わるノウハウを活用し、次世代エアモビリティの運航プラットフォーム構築を目指す。また、サービス提供を通じて地域の課題解決、SDGs達成に向けた取り組みを進める。

一方の住友商事は、同社が世界で展開するグローバルネットワークや各産業との連携を活かした多角的な事業活動を実施。モビリティ社会の構築への貢献を目指す。

ベル社は80年以上前からVTOLを生産しているほか、ヘリコプターの商用認証を世界で最初に取得した実績を持つ。現在はeVTOLの製品開発力を強みに、エアモビリティ分野への参入もおこなっている。

トラベルボイス編集部

最終更新:2/13(木) 13:42
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事