ここから本文です

ナイキの厚底論争に終止符?話題の新作「アルファフライ」は何がすごいのか<現地レポート>

2/13(木) 19:38配信

FASHIONSNAP.COM

 「速すぎる」ことで注目を集め続けているナイキの厚底シューズ。今夏に迫った東京五輪で着用禁止になるという見方もあり報道が加熱する中、2月初旬に更なる新モデル「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」(以下、アルファフライ)が発表されました。アメリカ・ニューヨークで盛大なグローバル発表会が行われたのは、世界陸連が新規制を発表したわずか5日後。渦中の新作は、規則をクリアし五輪で着用できるのか?世界中の興味が注がれた新モデルの誕生について、開発者やアスリートの声と共に現地からレポートします。

【画像】フロントローでナイキのマーク・パーカー会長の隣に座るのはあの日本人クリエイター

 ナイキが4年に一度のオリンピック開催年に行っているグローバル発表会には今回、世界中から約300人(新型ウィルス関連の影響により中国チームは不参加)のメディア関係者がニューヨークに集いました。

 発表会では(1)イノーべション(2)サステナビリティー (3)イークワリティーの3軸からなる新指針に沿って、オリンピックシーズンに向けた新製品を披露。イベントのキックオフは新旧のアスリートを交えたファッションショーで、エンターテインメントの要素と多様性に富んだ演出でゲストを沸かせます。フロントローを飾るのは、ナイキ幹部やスニーカーヘッズの羨望の的であるナイキのコラボレーターといった豪華な面々。

東京大会に向けて通気性を重視

 同じ会場では、発表会の目玉の一つであり、とりわけ日本から熱い視線が注がれる「アルファフライ」が初披露されました。昨年夏に登場して以来、箱根駅伝などのレースで選手が着用する度に好記録を連発し注目を集めてきた厚底シューズ「ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」(以下、ネクスト%)の後継モデルです。リオオリンピック男子マラソンの覇者で東京大会でもメダルが期待されるエリウド・キプチョゲ選手が、昨年10月の非公式のフルマラソンで2時間切りを達成した時に履いていたのがプロトタイプで、今回披露されたのは、ほぼ同じ仕様の市販モデルになります。

 まずはカラーから。ネクスト%の成功は、レースでも存在感を放つカラー戦略も要因の一つとされています。発色の良いライムグリーンの「ファントムグロー」から始まり、「ピンクブラスト」、オレンジとライムグリーンが爽やかな「EKIDEN PACK」カラーと続きましたが、今回アルファフライのシグニチャーとなるのは「ブラック×ネオングリーン」です。別カラーとしてホワイトモデルも順次発売されるとのこと。

 アッパーには高温多湿が予想される東京大会(マラソン開催地は札幌)を見据えて通気性を重視した透け感のある編み素材「アトムニット」を採用しています。シューレースの配置は、ネクスト%と同様に中央ではなく外側に開かれており、これはシューレースの締め付けによる血管への圧迫を取り除くための設計です。つま先から甲を包むようにソールと同色のネオングリーンカラーのスウッシュがあしらわれています。

1/4ページ

最終更新:2/13(木) 23:49
FASHIONSNAP.COM

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ