ここから本文です

小学校の教員向け 「食べ残しNOゲーム」研修/埼玉県

2/13(木) 18:52配信

テレ玉

小学校の教員たちが、ゲーム体験などを通して食品ロスの理解を深め、児童たちへの指導方法について考える「食品ロス削減啓発研修」がさいたま市内の小学校で行われました。きょうの研修には、さいたま市立新和小学校の教員15人が参加しました。

講師には、特定非営利法人DeepPeopleの中尾榛奈さんが招かれ、当時6年生の栗田哲さんが考えた「食べ残しNOゲーム」を使って研修が進んでいきます。「食べ残しNOゲーム」は、食べられる量や所持金を加味し、飲食店で食べ残しがないように料理を提供する方法を考えるロールプレイングゲームです。参加者たちは、食品ロスの概要や子どもたちに分かりやすく、楽しく教える方法について学んでいました。

テレ玉

最終更新:2/13(木) 18:52
テレ玉

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事