ここから本文です

販売好調のハスクバーナ 各モーターサイクルショーではストリートモデルを中心に展示予定

2/13(木) 15:00配信

バイクのニュース

新グラフィックの2020年型をまとめて見るチャンス

 ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン(以下、ハスクバーナ)は、大阪モーターサイクルショー2020(3月20日から22日)、東京モーターサイクルショー2020(3月27日から29日)、および初開催となる「名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo」(4月10日から12日)にブース出展し、2020年モデルを展示する予定です。

【画像】デザインが特徴的なハスクバーナの最新ストリートモデル(10枚)

 ハスクバーナはスウェーデン発祥のバイクメーカーです。モトクロスやエンデューロ、ラリーなど、主にオフロードのレースシーンで活躍しており、2016年以降は「701 SUPERMOTO(701スーパーモト)」や「VITPILEN 701(ヴィットピレン701)」、「SVARTPILEN 701(スヴァルトピレン701)」などのストリートモデルもリリースし、2018年春には中型2輪免許で乗ることができる「401」シリーズ(排気量373cc)も展開したことで、2019年の日本国内における販売台数は過去最高を記録しました。

 各モーターサイクルショーでは、主にストリートモデルを中心とした展示を予定しており、ハスクバーナらしい特徴的なデザインに新たなグラフィックをまとった2020年モデルをまとめて見られる機会となります。

 現在予定しているストリートモデルの展示車両は「VITPILEN 701」、「VITPILEN 401」、「SVARTPILEN 701」、「SVARTPILEN 401」とのこと。各モーターサイクルショーでのトークショーやその他コンテンツについては未定となっています。

 また、ハスクバーナの公式サイトではすでに公開されている「SVARTPILEN 250」(排気量248.8cc)に関して、メーカーから正式な発表はありません。

バイクのニュース編集部

最終更新:2/13(木) 16:43
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ