ここから本文です

バルサの守備に警告灯が点滅!バルサBから選手を招集

2/13(木) 10:48配信

SPORT.es

FCバルセロナは火曜日のオフの後、チームにとって重要な2名のトップ選手なしに、今週水曜日にトレーニングに戻った。ネルソン・セメドとサミュエル・ユムティティは、さまざまな理由で仲間との練習に参加できなかったのだ。このポルトガル人選手は扁桃炎に苦しみ、フランス人選手は別の練習に取り組んでいる。

怪我に苦しむデンベレ 半分に相当する試合を欠場

ポジティブなことは、ジェラール・ピケとネトの復帰だ。ピケはサン・マメスでの厄介な試合をいらいらさせつつ終わらせ、ペティス戦での怪我により離脱していた。一方、ネトは足首の捻挫により、ここ最近の5試合を離れている。

バルサは土曜日のヘタフェ戦のため、早急に起用する選手を決めなければならない。冬の移籍市場でトディボがチームを去った直後、チームはこういった悪影響を受けている。ラングレはセビージャでの退場でペナルティを受けている。

とにかく、キケ・セティエンはバルサBの2名の中盤選手であるアラウホとチュミ(ファン・ブランダリス・モビージャ)、および右サイドバックのダニエル・モレルを招集している。また、レギュラーメンバー化しているイニャキ・ペーニャとアンス・ファティ、そしてMFのモンチュが加わった。

SPORT

最終更新:2/13(木) 10:48
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ