ここから本文です

怪物ロナウド バルサ退団の真相を語る「私は残りたかった」

2/13(木) 11:55配信

SPORT.es

スポーツチャンネル『DAZN』(ダゾーン)のインタビューで、元ブラジル代表ロナウド・ルイス・ナザーリオが、リーガ時代やレアル・バリャドリードのオーナーとしての責任等について語った。

代理人 怪物のバルサ離脱語る

1996年にFCバルセロナへ移籍したロナウドは、翌1997年夏イタリアのインテル・ミラノへ移籍した。このわずか1シーズンのFCバルセロナ時代について、ロナウドは「シーズン末に契約更新の書類にサインし、休暇でブラジルへ戻った。その5日後にバルサが私に電話で契約延長はできないと告げたんだ。自分で決めたことではない。私は引き続きバルサにいたかった。クラブが私を評価してくれなかった。私は残りたかった」と語った。

バルセロナには1シーズンしか在籍しなかったが、数々のタイトルを獲得し、リーガでは37試合出場34得点を記録するなど選手時代最高の活躍を遂げた。

WFCの国際会議でのロナウド

翌1997年夏、彼は2,800万ユーロ(約33億6,000万円)という当時史上最高額となる移籍金でイタリアのインテル・ミラノへ移籍したが、度重なる負傷によりバルセロナ時代の栄光を再び手にすることは無かった。

レアル・マドリー移籍のきっかけとなった人物として、ロナウドはロベルト・カルロスの存在を強調した。
「彼が私にレアル・マドリーの意味するものを教えてくれた。私はそれをこの目で見たくなった。そして実際にロベルトが言っていた以上のものであるとわかった。レアル・マドリーには多くのプレッシャーがあり、世界最高の選手たちがいる。このクラブがより強大になるために貢献したいと思った」

2018年8月、レアル・バリャドリードの株のうち51%を取得し、クラブを買収したロナウドは「バリャドリードは一部リーグに昇格した。クラブの近くにいたい。私は自分がしたことに自信を持っている」と語った。

SPORT.es

最終更新:2/13(木) 11:55
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ