ここから本文です

片寄涼太、白濱亜嵐は「キラキラではなくギラギラが似合う」 白濱は片寄を「王子のあだ名 違和感ない」

2/13(木) 23:48配信

中日スポーツ

 映画「貴族降臨 PRINCE OF LEGEND」(河合勇人監督、3月13日公開)の完成披露試写会とファンミーティングが13日、東京・代々木第一体育館で行われ、ダブル主演のダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS」の白濱亜嵐(26)と片寄涼太(25)らが出席した。

【写真】国歌独唱する槇原敬之

 白濱は「貴族」を名乗るナンバーワンホストを、片寄は伝説の「王子」を演じる。「貴族」対「王子」の大バトルが繰り広げられ、2人はフェンシング対決で熱演した。片寄は「宿敵」を「キラキラではなくギラギラが似合うんだなと思った」と話した。一方、白濱は「(片寄は)王子、王子とあだ名をつけられているので違和感がない」と語った。

 この日は約1万1000人が集まった。白濱はタレントで「現代ホスト界の帝王」と呼ばれるローランド(27)の動画を見て研究したといい「頭の回転が早くてすごく対応力がある」と舌を巻いた。片寄は映画の主題歌「Possible」で初のソロを披露しており「大人っぽくてセクシーな1曲になった」とさわやかに笑った。

最終更新:2/13(木) 23:48
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ