ここから本文です

20代で1000万円貯めた女性3人の「リアルな貯金・借金返済生活」

2/13(木) 20:20配信

LIMO

昨年来「老後の2,000万円」が気になっているという人も多いと思いますが、その半分の1,000万円であっても、貯金するとなると並大抵のことでは到達できなさそうですよね。

しかし、すでに1,000万円を貯めてしまった女性もいます。今回は、20代のうちに1,000万円貯めたという女性3人に話を聞いてみました。特別お給料がいいとか、実家がお金持ちだというわけではない彼女たちは、どうやって1,000万円貯められたのでしょうか。

収入が増えて生活水準が上がる同期を横目に…

ある証券会社で働くAさん。彼女は27歳で1,000万円貯めることに成功しました。

「大学時代の友人は金融機関に勤務している人が多かった。私の会社は証券会社でも規模が大きくないからそんなにお給料はよくない。でも、大手の証券会社に行った子たちは、20代半ばで年収1,000万円超えという人もいたし、どんどん生活水準が上がっていった」と言います。

「ちょっとした距離でも『疲れたから』と言ってタクシーを捕まえたり、ご飯を食べるのも5000円とか1万円のコースを平気で頼んだり。そんな友人たちを見て、ふと『この人たちよりも早く、たくさん貯金をしたら面白いな』って思った」と、貯金を始めたきっかけについて教えてくれました。

「友人たちが、『なんだかんだお金が貯まらない』という話をよくしているのを聞いていて、そりゃそうだと思った。だから、みんなより早く1,000万円貯めてびっくりさせてやろうって、最初はおふざけ半分で始めた」と笑います。

そんなAさんが取り組んだのは、とにかく先取り貯金を徹底すること。「会社の寮に住んでいた分、お金が貯まりやすかった。無駄に遊ぶのもやめたし、とりあえず強制的にお給料の半分を先取り貯金。残った半分で寮のお金と日用品を賄うイメージ。ボーナスは全額貯金」だったそう。

「もともと物欲もそんなに強くないし、お化粧品や洋服もプチプラでいいタイプだったから苦痛じゃなかった。食事も自分で作るのはパスタかうどんか丼物。時間も手間もお金もかからないし、一人で食べるんだからいいかなって思っていた。そういう節約生活がだんだん気持ちよくなってきて、ちょっとでも無駄遣いすると落ち込んでいた」とAさん。

「そうして1,000万円を貯めた頃には、大学の同期のことなんて何も気にならなくなった。やっぱり貯金をすると、精神的に余裕が生まれる。あの頃は私も、プライドがあったのに自分だけ小さい証券会社で、実は結構精神的に追い詰められていたんだと思う」と振り返ってくれました。

1/3ページ

最終更新:2/14(金) 0:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事