ここから本文です

空き家再生 まちづくり コンテストで児童ら発表

2/14(金) 11:09配信

宮崎日日新聞

 3割が空き家になったまちのデザインを考えてみよう―。都城市のNPO法人「ライフサポートセンターHAPPY」(八反田久実理事長)は、初めてコンテストを開いた。同法人が取り組む空き家対策の一環。書類審査で選ばれた入選20点の応募者が、理想のまちづくり案を発表した。

宮崎日日新聞

最終更新:2/14(金) 11:09
宮崎日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事