ここから本文です

契約終了時に“帰国条項”が? リバプールとクロップ監督の間の珍しい契約

2/13(木) 17:45配信

超WORLDサッカー!

リバプールのユルゲン・クロップ監督の契約には意外な条項が含まれているようだ。

現在プレミアリーグで首位を独走中のリバプール。2015年シーズン途中から指揮官に就任したクロップ監督は、昨シーズンついに14年ぶりとなるCL優勝タイトルをクラブにもたらした。

【動画】リーグ10位からCL優勝へ…動画で振り返るクロップのリバプール

その功績が評価され、2019年12月に新たに2024年まで契約を延長しており、クラブの好調さと相まってリバプール退団の可能性は限りなく0に近い。

しかし、イギリス『インディペンデント』によると、クロップ監督とリバプールの契約には特別な条項があるとのこと。それは、クラブがクロップ監督のドイツ帰国を手伝う義務のようだ。

『インディペンデント』によると、通常監督がクラブから解任された場合は、そのまま住居も奪われることが多い。特に家族も同居している場合は解任後の対応が難しく、外国人監督ともなれば、家族にも大きな影響が及んでしまう。

しかし、クロップ監督とリバプールの現行契約が終了した場合には、クロップ監督が指定した条件に従い、クラブはドイツでの新居を用意するオプションがあるようだ。解任時に高額な違約金を請求できる条項はよく盛り込まれているが、クロップ監督は次のキャリアのスタートの準備を求めるという新しいケース。家族のことを考えての条件とも言えるだろう。

過去には、バイエルンの監督や、ドイツ代表監督の有力候補に挙がったこともあるクロップ監督。実際に本人もリバプールでの指揮を最優先としているものの、ドイツに戻る場合には代表チームやバイエルン、ドルトムントで指揮を執りたいと明かしたことはある。

“帰国条項”の存在があるということは、リバプールで仕事を終えた後のキャリアを再びドイツで送りたいと考えていることを示しているのかもしれないが、当面はリバプールでその手腕を発揮することだろう。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/13(木) 17:45
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ