ここから本文です

レッドブルF1代表「パワーユニットとシャシーが芸術的に統合」RB16・ホンダは昨年型より向上と自信

2/13(木) 7:55配信

オートスポーツweb

 レッドブル・レーシングF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2020年型RB16・ホンダの開発において、シャシーとパワーユニットの両面で改善を進めることができたと語り、新シーズンへの期待を示した。

マックス・フェルスタッペンにより『レッドブルRB16・ホンダ』のシェイクダウンが行われた

 2月12日、レッドブルはニューマシンのシェイクダウンをイギリス・シルバーストンにおいて行い、マックス・フェルスタッペンが順調に周回を重ね、プレシーズンテストに備えてさまざまなチェックを行った。2020年、F1タイトルを狙うレッドブルは、開幕戦から強力なパフォーマンスを発揮することを目指しており、そのため新車の準備を例年よりも早めに進めていると首脳陣はコメントしていた。その言葉どおり、全10チームのなかで、レッドブル・ホンダが最初にニューマシンをコース上で走らせた。

 今年、レッドブルは昨年のようにシェイクダウンの際にスペシャルカラーを用いることなく、完全な2020年仕様のカラーリングを施したマシンを走らせた。

 新車のコースデビューに際し、ホーナー代表は、ホンダとの協力体制はより一層強化されており、パートナーシップ2年目の今年はさらにパッケージ全体の向上を図ることができたと語った。

「ホンダとの初めてのシーズンは素晴らしいものだった。我々のパートナーシップは時を経るにつれてますます強化されている」とホーナー。

「非常にポジティブな冬を過ごし、水面下で極めて印象深い作業がなされてきた。パワーユニットに関しても、シャシーに関しても、さらに前進することができた。パワーユニットのマシンへの統合はまさに芸術的である。今日、チームを象徴するカラーリングに彩られたマシンを見ることができて非常にうれしい」

 シェイクダウンを終えたチームは、データを分析して、19日にスタートするプレシーズンテストに備える。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2/13(木) 13:11
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事