ここから本文です

中日大野雄が開幕投手 12日に通達した与田監督「リーグ制覇のための軸に」

2/13(木) 17:09配信

Full-Count

大野雄は昨季防御率2.58でタイトル獲得、ノーノーも達成した

 中日の大野雄大投手が今季の開幕戦となる3月20日の広島戦(マツダ)に先発することが13日までに決まった。大野雄の開幕投手は2017年以来3年ぶり3度目。昨季最優秀防御率のタイトルを獲得した左腕に対し、与田剛監督は「貯金を一つでも多く作ってリーグ制覇のための軸になってほしい」などと期待を寄せた。

【写真】中日のキャンプ地北谷で行われたDeNAとの練習試合 ドアラさんは自身のYouTubeチャンネルのアピールに夢中のご様子

 31歳の大野雄は昨季177回2/3を投げて9勝8敗、防御率2.58。9月14日の阪神戦でノーヒットノーランを達成し、秋の「プレミア12」日本代表に選出された。

 与田監督は沖縄・北谷キャンプの12日に監督室で本人に通達したという。指揮官は「ここまでの準備を見てきた中でしっかり整ってきた。体調も日々問題なく、いい調整ができている。時期に関しては早いか遅いか分からないが、我々の中でも準備ができたということ」と語った。

 2013年から7年連続Bクラス。強竜復活へ左腕に寄せる与田監督の期待も大きい。「1年間ローテを守って貯金を一つでも多く作ってほしい。リーグ制覇のために軸になってもらいたい。当然のことだが、昨年以上の期待をしている」と力を込めた。

Full-Count編集部

最終更新:2/13(木) 17:09
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事