ここから本文です

骨折の日本ハム浅間が走者役、回復遅れも焦らず

2/13(木) 19:06配信

日刊スポーツ

キャンプイン直前の1月中旬に左第3中手骨剥離骨折が判明した日本ハム浅間大基外野手が、沖縄・国頭で行った挟殺プレーの練習で、走者を務めた。

【写真】故障相次ぐ日本ハム浅間

捕球練習は始めているが、打撃はまだできない。「血流が良くなると骨がくっつきやすくなる」と、左手甲に、はりシールを貼る。当初は全治4週間と診断されたが「思ったより回復が遅れている。でも、焦ってもいいことはないので」と、慎重に復帰の時期を見極めていく。

最終更新:2/14(金) 22:25
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ