ここから本文です

ギュンドガンがリバプールではなくマンCを選んだ理由

2/13(木) 13:55配信

ゲキサカ

 マンチェスター・シティのMFイルカイ・ギュンドガンは、古巣ドルトムントで指揮をとっていたユルゲン・クロップ監督のいるリバプールを選ばなかった理由を述べた。英『ミラー』が伝えている。

 クロップ監督とギュンドガンは2011年から2015年までの間、ドルトムントでタッグを組んでいた。そしてリバプールの監督となったあとも、クロップはギュンドガンを欲しがっていたと報じられている。

 だが、ギュンドガンはクロップではなく、ジョゼップ・グアルディオラを選んだ。ギュンドガンは『ファンタジーPL』に対して、居心地の良い場所から抜け出し、新しいことを経験したかったと語っている。

「人生において常にチャレンジすることを僕は優先させている。もし僕がチャレンジせず、居心地の良い場所から抜け出さなかったら、何も変わらないし、成長もできないと感じたんだ」

「だからユルゲンの下で過ごした4年間はすばらしかったし、彼のことは人としても監督としても大好きだけども、なにか別のことをするときだという感覚があった」

「当時、僕はドルトムントを離れたかったし、新しいクラブに加入するときは、彼とともにいたことについては考えたくなかった。それもリバプールに加入したくなかった理由のひとつだ」

最終更新:2/13(木) 13:55
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ