ここから本文です

インドネシア、新型ウイルス感染報告ゼロ-専門家は懐疑的な見方

2/13(木) 21:17配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 新型コロナウイルス感染が急速に世界に広がる中、アジアで最も人口の多い国の一つであるインドネシアではこれまで感染が1件も報告されていない。しかし、一部の公衆衛生専門家は、感染者ゼロは信じがたいとしている。

インドネシアは先月、ウイルスの発生源である中国・武漢への直行便を運航停止とした。インドネシアは同国当局による監視体制は世界保健機関(WHO)の基準を満たしているとしており、WHOもインドネシアの取り組みを支持してきた。

しかし、シンガポールでは50人近くの感染が確認されているほか、隣国マレーシアでも10数人が感染、遠く離れたネパールやフィンランドでも感染者が出ている状況を踏まえ、インドネシアで感染者が1人もいないということに専門家らは疑問を呈している。

ハーバード大学の研究者らは今月、各国で報告された感染者数と空路による中国との往来の頻度を比較した論文を発表した。

論文を共同執筆したハーバード大学公衆衛生大学院のマーク・リプシッチ教授(疫学)は「旅行者数を考えると、インドネシアと恐らくカンボジア、そして確実にタイについては想定よりも少ない感染者数の報告だと考える」と述べ、「こうした国では感染を確認できずに見過ごされたケースもあることを示す指標の一つとしてこの比較を提示した」と記述した。

同論文は、世界での感染者数は実際には報告されているよりも多い可能性を示唆している。

リプシッチ教授は研究の意図は特定の国について指摘することではないとし、世界の中でも優れた公衆衛生システムを持つシンガポールでさえ感染を見逃したケースがあると指摘した。

インドネシア保健省はこれまでのところ、検出方法に問題はないとしている。同国当局は13日、中国人旅行者1人の足取りについて調査していることを明らかにした。この旅行者はバリ島を訪れており、中国に帰国後に検査で陽性反応が出たという。

原題:Indonesia Says It Has No Virus Cases. Experts Are Skeptical (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Iain Marlow, Tassia Sipahutar

最終更新:2/13(木) 21:17
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事