ここから本文です

GLAY、ベストアルバム収録の新曲「Into the Wild」のティザー映像公開!撮影は韓国・カンナム郊外で敢行

2/14(金) 0:01配信

エムオンプレス

■GLAY「Into the Wild」MVは、楽曲に込められたメッセージをバンドの演奏とエモーショナルなダンスで表現!
3月11日に発売されるGLAYのベストアルバム『REVIEW II~BEST OF GLAY~』に収録される新曲「Into the Wild」のティザー映像が、GLAYのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。

【動画】GLAY「Into the Wild」のティザー映像

SUBARU“レヴォーグ”のCMソングとして昨年2019年より放送されていた「Into the Wild」。この曲はCM用に30秒だけ制作されていたが、1月26日に神奈川・横浜アリーナにて開催された『GLAY ARENA TOUR 2019-2020 HOTEL GLAY THE SUITE ROOM』最終公演にてフルバージョンが初披露され、その幻想的な音色が話題となっていた。これまでとは異なる斬新なアプローチで、GLAYの新境地との呼び声も高い。

今回公開されたティザー映像は、解放を描いたというダンスが印象的。「Into the Wild」の歌詞は、様々なことに縛られながらも、自分の道を信じて解き放たれ、そして進んでいくというメッセージが込められている。そんな世界観をGLAYの演奏と合わせたエモーショナルなダンスで表現。これまでのGLAYとはまたひと味違うミュージックビデオとなっている。

ミュージックビデオは全編、韓国の撮影チームによって撮影され、2019年12月1日に行ったアリーナツアーの北海道・北海きたえーる公演と、12月7日に行われた宮城県・セキスイハイムスーパーアリーナ公演の間に、韓国・カンナム郊外で撮影を敢行。監督は、BTSやWanna One、F.T. Island、CNBLUEなど数々のヒット作品を手がけているZANY BROSのホン・ウォンギ監督が担当した。

これまで海外で撮影を行う際には、撮影クルーが現地スタッフであることはあったが、監督やプロデューサーは日本人スタッフであったため、日本人以外の監督で撮影する初めての作品となった。

美術や照明での場面変化の作り方が非常に魅力的で、6分間の楽曲に多くの演出が詰め込まれた作品となっている。ティザー映像を観ながら、ミュージックビデオの公開を楽しみに待とう。

リリース情報
2020.03.11 ON SALE
ALBUM『REVIEW II ―BEST OF GLAY―』

ライブ情報
『GLAY DOME TOUR 2020 DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE”』
05/16(土)愛知・ナゴヤドーム
05/30(土)東京・東京ドーム
05/31(日)東京・東京ドーム
12/19(土)北海道・札幌ドーム

「Into the Wild」ティザー映像
https://youtu.be/eZJJPWULTgA

ベストアルバムの詳細はこちら
https://www.glay.co.jp/review2/

GLAY OFFICIAL WEBSITE
https://www.glay.co.jp/

最終更新:2/17(月) 21:04
エムオンプレス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ