ここから本文です

木製品、バッグ、陶磁器― 福島の技紹介 展示会「ルームス」で福島民報社

2/14(金) 10:12配信

福島民報

 ファッションやデザインの国内最大規模の展示会「rooms(ルームス)40」は二十日から二十二日まで、東京都の国立代々木競技場第一体育館で開かれる。福島民報社は「フクシマ・クラフトマンシップ」と題して出展する。全国に誇る「ものづくり」の技を紹介し、福島県の産業振興につなげる。

 斬新な木製品で注目を集める伊達クラフトデザインセンター(伊達)、バッグの自社ブランドを展開するキャニオンワークス(浪江)、約四百年の歴史を誇る陶磁器の会津本郷焼事業協同組合(会津美里)が出展する。

 伊達クラフトはペンスタンド、おわん、コースター、キャニオンはブランドバッグ、会津本郷焼組合は新作ディナーセットを展示販売する。

 福島民報社は全国の信用金庫でつくる「“よい仕事おこし”フェア実行委員会」と地域活性化、産業振興に向けた包括連携協定を結んでいる。今回のルームス出展に向け、実行委に参加している県内の信金が、各地域に根付く熟練の手仕事を選んだ。

 ルームスには約五百のブランドがブースを構え、三日間で二万五千人の来場を見込んでいる。時間は午前十時から午後六時まで。入場料は一人二千円。

■ルームスの無料招待券 読者にプレゼント 民報社

 福島民報社はrooms40の無料招待券を読者にプレゼントする。

 希望者は氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、福島民報社産業振興部に「ルームス希望」と書いてファクスで申し込む。番号は024(533)4128。問い合わせは電話080(5730)1838へ。

最終更新:2/14(金) 10:12
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事