ここから本文です

ムロツヨシの“ほくろ押し”に「最高」と視聴者沸く…「病室で念仏を唱えないでください」5話

2/14(金) 23:35配信

cinemacafe.net

僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公を伊藤英明が演じる「病室で念仏を唱えないでください」の第5話が2月14日に放送。ムロツヨシ演じる心臓外科医の濱田が見せた“ある行動”に「大恋愛」を連想した視聴者多数。SNSが盛り上がっている。

【写真】「病室で念仏を唱えないでください」第5話

僧侶であり救命医でもある松本照円を伊藤さんが演じ、松本の同僚で救命救急医をしている三宅涼子に中谷美紀。有名心臓外科医の濱田達哉にムロツヨシ。松本の言葉で救命医となる児島眞白に松本穂香。救命で研修医をしている田中玲一に片寄涼太。また萩原聖人、堀内健、宮崎美子らも出演。松本の奮闘を通し「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う医療ヒューマンドラマとなる本作。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
義父の虐待によって救急に運び込まれ亡くなってしまった少女。病院に現れた義父の態度に怒りを抑えられず殴ってしまった松本は、その場にいた警察に逮捕され無期限の出勤停止処分となってしまう。

謹慎中の松本は師匠・円明(団時朗)の昔からの友人、石川祐三(品川徹)が老衰で臨終が近いと知らせを受けたことを知り、医療用具を持参し円明の弟子・唯円(葵揚)と共に石川家へ向かう。親族が集まるなか、松本の言い間違いがきっかけで親族たちは石川を笑って見送ろうということになる。


一方、濱田は学会に出席。病院に戻ると患者の少女が苦しんでいて三宅が対応していた。その少女の枕元にはクマのぬいぐるみがあり、少女は濱田が作ったものだと話す…というのが今回のストーリー。

いつものイヤミな態度とは打って変わって患者の少女に対し、優しい笑顔をみせる濱田。少女に「ここを押してみて」と顔のほくろを指差し、少女が押すと「ふぁぁぁ」と声を上げる。それを見た少女は笑顔を見せる…この場面に「「ここ押して」ってほくろ押してむろが「はぁぁ!」っていうやつ。大恋愛やん」「「大恋愛でも観た、ムロさんのほくろ押すと変顔しながら「ふぁー!」って言うの好き」など、視聴者から大反響が巻き起こる。


ムロさんが主演を務め一昨年同枠で放送された「大恋愛」でも、戸田恵梨香演じる尚に顔のほくろを押させて叫ぶシーンがあり、それを思い出した視聴者も多かった様子。

その後も「ほくろ押させて笑わせるシーン出てきたんだけど無理泣く」「大恋愛入れてきたの最高」「最高です!!エモい!!」「ほくろ押し復活!」などSNSにはこのシーンに触れた投稿が続々と寄せられていた。

最終更新:2/14(金) 23:35
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事