ここから本文です

「捜査が進まず面倒に」神奈川県警警部補、事故捜査に虚偽の調書 24件再捜査、7件は時効

2/14(金) 21:30配信

カナロコ by 神奈川新聞

 交通事故捜査で虚偽の供述調書を作成した上、捜査書類を持ち帰ったなどとして、神奈川県警は14日、海老名署の男性警部補(61)を停職6カ月の懲戒処分とし、虚偽有印公文書作成・同行使容疑などで書類送検した。警部補は昨春の定年退職後に再任用されていたが同日、依願退職した。

 県警監察官室によると、警部補は相模原南、座間、麻生署の交通課員だった2010年6月~19年2月ごろ、担当した44件の交通事故で事実と異なる供述調書など31点を作成し、上司に提出するなどしたほか、捜査書類193点を自宅に持ち帰るなどした、としている。事故の関係者に無断で「診断書は提出しない」などと虚偽の記載を繰り返していたという。

 昨年4月に警部補が担当した事故について関係者から照会があり、容疑が発覚。警部補は「事故関係者と連絡がつかずに捜査が進まないと面倒になり、偽造したり持ち帰ったりした」と話しているという。44件のうち、24件で再捜査を強いられ、7件は時効だった。

 寺澤陽公監察官室長は「警察業務の信頼を損なう事案が続けて発生しており、県民に深くおわびする」とコメントした。当時上司だった警部、警部補計4人も所属長注意となった。

神奈川新聞社

最終更新:2/14(金) 21:30
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ