ここから本文です

新型肺炎、横浜市消防局職員が感染 クルーズ船患者の搬送に従事

2/14(金) 23:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)を巡り、厚生労働省は14日、神奈川県内に住む自治体職員の30代男性の感染が新たに確認されたと発表した。横浜市によると、市消防局の職員。クルーズ船の集団感染で、陽性反応が出た患者を病院へ搬送する業務に携わっていた。

【写真】感染新たに10人、指定病院へ搬送

 同省によると、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から患者を搬送した10日の夜に発熱、11日に解熱したものの14日の検査で陽性と判明した。11日から13日までは勤務しておらず、渡航歴もないという。

 一方、同省は患者と接触後数時間で発症した例はこれまでにないとし、「搬送が感染の契機になった可能性は低い」と説明した。搬送時にはゴーグルやマスクを着用し、マニュアルに沿った対応をしていたという。

神奈川新聞社

最終更新:2/15(土) 2:08
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事