ここから本文です

田代まさし被告、4度目の覚醒剤初公判「反社の人に耳元で『あるぞ、どうする』と聞かれ入手」

2/14(金) 7:00配信

サンケイスポーツ

 自宅で覚醒剤を使用したなどとして覚せい剤取締法違反(所持・使用)と大麻取締法違反(所持)の罪に問われたタレント、田代まさし(本名・田代政)被告(63)の初公判が13日、仙台地裁(大川隆男裁判官)で開かれた。

 田代被告は黒ぶち眼鏡に黒い上着、白いワイシャツ姿で法廷に立ち、職業について「タレントですが、しばらく活動していません」と説明。起訴事実を認めた。

 検察側は冒頭陳述で田代被告が「昨年8月から再び覚醒剤を使用するようになった」などと供述したことを明らかに。田代被告は検察側から薬物の入手経路を問われると「反社会的勢力の人に耳元で『あるぞ、どうする』と聞かれ入手した」と説明。「昨年10月にはバイクイベントの仮設トイレで覚醒剤を拾い、チャンスと思ってしまった」とも述べた。

 検察側は懲役3年6月を求刑。弁護側は保護観察付きの執行猶予判決を求め、即日結審した。判決は3月4日。

 起訴状によると、昨年11月6日、東京・杉並区内の自宅で覚醒剤と大麻を所持し、同時期に覚醒剤を使ったとされる。田代被告は覚せい剤取締法違反容疑だけでも2001年、04年、10年と3度の逮捕歴がある。

最終更新:2/14(金) 13:19
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事