ここから本文です

新宿小田急デパ地下「静岡いちごマルシェ」-紅ほっぺイチゴのミルフィーユ、すしロールなど /東京

2/14(金) 13:26配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 小田急百貨店新宿店本館・ハルク地下2階食品売り場で2月15日(土)より、静岡県産イチゴ「紅ほっぺ」に着目した「静岡いちごマルシェ」が開催される。(デパチカドットコム)

紅ほっペイチゴを使ったイチゴ総菜

 小田急グループと静岡県いちご協議会(静岡県下JA・JA静岡経済連)による共同企画「静岡いちご“紅ほっぺ”“きらぴ香”Presents静岡いちごマルシェ」の一環として、紅ほっぺイチゴの知名度アップと販路拡大を狙い行う同イベント。2018年より毎年行い、3回目となる今回も、紅ほっぺイチゴを使ったスイーツや総菜など多彩な小田急限定商品が登場する。各階のカフェでも紅ほっぺイチゴを使った限定メニューが登場。週末には「静岡いちご娘」が来店し、静岡いちごの試食・販売会を行うほか、本館1階の特設会場では巨大なケーキ型オブジェ「静岡いちごケーキ」を展示し、紅ほっぺイチゴときらぴ香イチゴのプレゼント企画を行う。

 紅ほっぺイチゴスイーツでは、「ヴィタメール」がパイ生地にクリーム、カスタードクリームを重ね、紅ほっぺイチゴを飾った「紅ほっぺのミルフィーユ」(756円)を販売するほか、「ビスキュイテリエブルトンヌ」は紅ほっぺイチゴのコンフィチュールを合わせた焼き菓子を、「共楽堂」は紅ほっぺイチゴをのせた大福を販売。

 「シーズン・スイーツ」には、プリン専門店「ポポカテ」が出店し、生クリームと紅ほっぺイチゴをトッピングしたプリンで、3種類の味わいの「紅ほっぺを使ったPOPOいちご、POPOダブルベリー、POPO抹茶」(各594円)を販売する。

 食品イベントコーナーに限定出店する「東京ベイ舞浜ホテル」(~同19日)は、いちごのロールケーキをいちごのムース、練乳クリーム、紅ほっぺイチゴでデコレーションした「紅ほっぺを使ったモンブラン・オ・フレーズ」(648円)を、「甘味処 和」(~同19日)は大粒の紅ほっぺイチゴが入った、抹茶、こし餡(あん)、いちごみるく、カスタード、ブルーベリー、チョコと6種類の味わいの「紅ほっぺのいちご大福」(6個セット=2,000円、こし餡のみ単品売り=350円)を、それぞれ販売。「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ」(同20日~25日に出店)はタルト台にカスタードクリームを絞り、紅ほっぺイチゴをトッピングした「紅ほっぺの苺タルト」(540円)を販売する。

 ベーカリー類では、「トロワグロ」がデニッシュにカスタードとイチゴをトッピングした「紅ほっぺのデニッシュ」(432円)を販売するほか、「ブロッサム&ブーケ」紅ほっぺイチゴを挟んだイチゴサンドを、「ポンパドウル」は紅ほっぺイチゴをトッピングしたミニパイを販売。

 紅ほっぺイチゴを使った総菜にも注目。洋総菜では、「ラボンバンス ご馳走デリ」が紅ほっぺイチゴにホタテ、旬の野菜をジュレで包み込んだ「紅ほっぺと彩り野菜のジュレ仕立て」(580円)を、「ミート ポット カウンター」のフレッシュサラダと生ハムに、紅ほっぺイチゴ、バルサミコソースを加えた「紅ほっぺイチゴのポップオーバープレート」(864円)を販売。

 和総菜では、「味燈守卓」が紅ほっぺイチゴに餡、酢飯を巻き込み、薄焼き卵で覆ったすしロール「紅ほっぺde小豆ROLL」(450円)を、「美濃吉」はアボカドの白和えに紅ほっぺイチゴを加えた「紅ほっぺとアボカドの白和え」(540円)を販売する。

 会期は今月25日(火)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:2/14(金) 14:07
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事