ここから本文です

また日本一?バレンタイン、今年は31億円売れた百貨店

2/14(金) 16:58配信

朝日新聞デジタル

 JR名古屋高島屋は14日、「売り上げ日本一」とされるバレンタイン商戦について、今冬は売上高が過去最高の31億円になりそうだと発表した。前年より4億円増え、来場者は10万人多い100万人だった。限定商品を増やしたことで集客が伸び、前年に比べ客単価も上がったという。

【写真】JR名古屋高島屋の「アムール・デュ・ショコラ」の店頭に立つ「シェ・シバタ」の柴田武シェフ(右)。有名シェフ目当てに来場する客も多い=2020年1月17日、名古屋市中村区

 1月16日~今月14日、バレンタイン催事「アムール・デュ・ショコラ」を開催。10階のメイン会場を含め計5フロアに展開し、約150ブランド約2500種類の商品を集めた。ブランド別の売り上げトップは、いちごを使った菓子で知られる「オードリー」、これまで7年連続1位だった「クラブハリエ」は2位となる見通し。

朝日新聞社

最終更新:2/14(金) 18:26
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事