ここから本文です

いわき市が4人を災害関連死に認定 台風19号で避難後に体調悪化などで死亡

2/14(金) 18:57配信

毎日新聞

 福島県いわき市は14日、昨年10月の台風19号で被災し、避難後の体調悪化などで死亡した男女4人を災害関連死に認定したと発表した。台風19号による同市の認定は初めて。

 死亡したのは、被災により転居後、体調が悪化した小川町の女性(当時93歳)▽自宅2階で生活し、デイサービスから帰宅後に動けなくなった平下平窪の男性(同86歳)▽親戚宅へ一時避難し、自宅で生活を再開後に倒れた平上平窪の女性(同82歳)▽うつ病療養中に被災し、実家から自宅へ片付けに行って自死した好間町の女性(同59歳)。

 4人は被災後、約1週間~約2カ月後に死亡した。市は遺族から災害弔慰金の申請を受け、今月5日に審査委員会を開いて認定した。いわき市の直接死による犠牲は8人だった。【乾達】

最終更新:2/14(金) 18:57
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事