ここから本文です

KADOKAWAの19年4~12月期、78億円の最終黒字に転換 ドワンゴの改革が増益要因に

2/14(金) 17:54配信

ITmedia NEWS

 KADOKAWAが2月13日に発表した2019年4~12月期の連結業績は、売上高が前年同期比1.3%減の1501億7700万円、営業利益が約2.7倍の84億6000万円、最終損益が78億8200万円の黒字(前年同期は21億6900万円の赤字)だった。子会社ドワンゴが担うWebサービス事業が大幅な黒字に転換し、増益に貢献した。

 Webサービス事業の業績は、売上高が前年同期比4.1%減の191億3600万円、営業損益が24億3900万円の黒字(前年同期は7億円の赤字)。前年度から進めている、不採算事業の廃止などの構造改革が黒字転換に寄与した。

 動画サービス「ニコニコ動画」の有料会員数は、19年12月末時点で167万人。9月末から4万人減少し、減益要因となった。減少幅は、17年9月末~12月末の14万人減、16年12月末~17年3月末の9万人減などから縮小したが、下げ止まらない状況だ。

 一方、企業や個人クリエイターが動画・生放送・記事などを配信できるサービス「ニコニコチャンネル」は好調で、12月末時点での有料会員数は114万人(9月末から6万人増)に増えた。

 出版事業の売上高は前年同期比1.3%増の859億6300万円、営業利益が9.3%減の50億6200万円。コミックスでは「ファイブスター物語」、ライトノベルでは「ソードアート・オンライン キス・アンド・フライ」、一般書では「はじめてのやせ筋トレ」などの売れ行きが好調だった。

 同事業では、埼玉県所沢市に書籍の製造・物流工場を建設中で、7月から稼働する予定。稼働後はデジタル印刷を本格採用する他、製造・配送の効率化を図り、利益率の改善に努めるとしている。

 映像・ゲーム事業の売上高は前年同期比2.9%増の349億2200万円、営業利益は54.6%増の38億9400万円。アニメ「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」「オーバーロード3」「盾の勇者の成り上がり」などのロイヤリティー収入が北米や中国で増加した。

 通期業績予想は、売上高が0.8%減の2070億円、営業利益が約3.7倍の100億円、最終損益が95億円の黒字(前年同期は40億円の赤字)のまま据え置いた。

ITmedia NEWS

最終更新:2/14(金) 17:54
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事