ここから本文です

60分100円のモバイルバッテリーレンタルサービス「PowerNow」本格スタート

2/14(金) 21:52配信

ITmedia Mobile

 FOXは2月14日、中国で展開しているモバイルバッテリーレンタルサービス「PowerNow」を日本で本格スタートした。

利用方法

 PowerNowは、街中のレンタルポイントからいつでもモバイルバッテリーをレンタルできるサービス。容量は5000mAhで、「Lightning」「Micro USB」「Type-C」の3種のコネクターを搭載する。

 2019年から新宿や池袋を中心とした東京都内約50カ所でテスト運用を実施し、2月14日時点では阪急メンズ東京、大丸神戸店、御殿場プレミアム・アウトレット、りんくうプレミアム・アウトレット、あわしまマリンパークなどに設置。2020年内には2万カ所へ展開していく予定だ。

 回数無制限で毎回レンタルスタートから30分間は無料となり、利用料金は60分100円(税別、以下同)。24時間後に再度60分間100円が課金され、5日目以降は料金が発生せず(最大3000円)バッテリーは利用者の所有となる。決済方法は各種クレジットカードやキャリア決済、WeCat Pay、LINE Pay、PayPayにも対応。いずれの決済方法でも3000円のデポジットが発生し、利用後に利用料金を差し引いた金額が都度返金される仕組み。

 利用方法はアプリをダウンロードし、アプリ内のQRコードリーダーで充電ステーションのQRコードを読み込むと、設備からモバイルバッテリーを取り出せる。返却時はアプリ上で返却場所を検索し、充電ケーブルをモバイルバッテリーに収納してから充電ステーションの空きスロットにモバイルバッテリーを差し込む。充電ステーションは4口タイプ~50口タイプ(2020年4月予定)を取りそろえる。

ITmedia Mobile

最終更新:2/14(金) 21:52
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事