ここから本文です

カズと同い年の神戸・フィンク監督「尊敬しかない」自身は38歳で引退

2/14(金) 22:50配信

デイリースポーツ

 Jリーグは14日、東京都内でJ1全18クラブが参加した開幕前恒例のイベント「キックオフカンファレンス」を開き、13年ぶりのJ1に挑む元日本代表FW三浦知良(52)=横浜FC=らが参加した。

 23日の開幕戦(ノエスタ)で横浜FCと対戦する、神戸のトルステン・フィンク監督(52)がカズに最大限の敬意を示した。

 2人はともに1967年生まれの同い年。10月29日に53歳を迎える指揮官は、カズについて「すごいことだと思う。私自身、今の自分の体を見てもさすがに無理だろうと感じる。本当に尊敬しかない」と目を丸くした。

 昨季カズがJ2で3試合に出場していることも「聞いている」とし、「試合のペースについていけるのか見てみたい」と興味津々。自身は現役時代、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンで欧州チャンピオンズリーグ優勝も経験。38歳で引退し、指導者の道に転じた。

 現在もチーム練習後にトレーニングを積んでいるフィンク監督だが「それでも、とてもじゃないがこの年齢でサッカーはできない」と日本の“キング”に舌を巻くしかなかった。

最終更新:2/14(金) 22:54
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事