ここから本文です

災害関連死4人認定 台風19号、福島県で初

2/14(金) 20:56配信

時事通信

 福島県いわき市は14日、台風19号の浸水被害を受け、避難中に体調を崩すなどして亡くなった男女4人を災害関連死に認定したと発表した。

 県内での認定は初めて。市内の死者は12人となった。

 同市によると、亡くなったのは男性(86)と59~93歳の女性3人。堤防の一部が決壊した夏井川沿いなど被害が大きい地域に住んでおり、自宅2階での生活や避難を余儀なくされた。このうち1人は被災から1週間後に自殺したという。 

最終更新:2/14(金) 21:04
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事