ここから本文です

入江悠が「AI崩壊」秘話明かす、大沢たかおへの演出は「超人になってはいけない」

2/14(金) 19:00配信

映画ナタリー

「AI崩壊」で監督を務めた入江悠が、Web番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。その模様がYouTubeで公開されている。

【動画】活弁シネマ倶楽部「AI崩壊」入江悠登場回(メディアギャラリー他5件)

AIが国民生活に浸透した2030年の日本が舞台の本作は、画期的な医療AI「のぞみ」を生み出した天才科学者・桐生浩介を主人公とするサスペンス。大沢たかおが桐生を演じた。

入江は番組内で、リアリティにこだわるため人工知能学会に入会したことや、大沢への演出について「トム・クルーズみたいな超人になってはいけない。(普通の男性が)できないレベルのことはしない」と決めていたことを語っている。

「AI崩壊」は全国で公開中。



(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会

最終更新:2/14(金) 19:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ