ここから本文です

キタニタツヤ×ドミコ、念願のツーマン実現した夜にキタニの愛が爆発「はあ……好き」

2/14(金) 22:14配信

音楽ナタリー

キタニタツヤとドミコによるツーマンライブ「ライブナタリー Presents キタニタツヤ×ドミコ」が2月12日に東京・渋谷CLUB QUATTROで開催された。

【写真】ドミコ(Photo by Kana Tarumi)(メディアギャラリー他13件)

この公演は“いま出会ってほしい2組”をテーマにライブナタリーが主催した対バンライブ。今回はかねてからドミコのファンを公言するキタニの希望により、両者のツーマンライブが実現した。定刻を少し過ぎた頃、バンド名を型どったネオンが置かれたステージに先攻のドミコが登場。長谷川啓太(Dr)が激しいドラムロールを合図に1曲目「わからない」でアグレッシブにライブをスタートさせ、さかしたひかる(Vo, G)の攻撃的な歌声とギターが疾走感のあるビートと混ざり合う。2曲目「まどろまない」では2人は緩急のあるパフォーマンスを展開。さかしたがファンキーなリズムの中で激しくギターをかき鳴らしたり、長谷川が浮遊感のあるジャジーなドラムプレイを繰り出したりと、振れ幅のあるダイナミックな演奏で観客を圧倒した。続いて濃厚なスモークが漂う舞台でドミコは新曲(タイトル未定)を披露。重厚感のある低音にループエフェクターでSFチックなリフを重ねたエッジィなナンバーを響かせた。

その後も回転するミラーボールにあわせてダンサブルなサウンドが鳴り響いた「WHAT'S UP SUMMER」や小気味いいリズムと2人のコーラスが印象的な「ロースト・ビーチ・ベイベー」、鋭いギターソロと力強いドラムの音色がぶつかり合う「深海旅行にて」といった曲が次々と披露された。終盤の「こんなのおかしくない?」では、長谷川がストイックで気迫にあふれるドラムプレイを見せる一方、さかしたがゆらゆらと揺れながらノイズギターを演奏。そして2人はラストナンバー「ペーパーロールスター」に突入し、力強くも気だるさが漂うボーカルと演奏でオーディエンスの体を大きく揺らした。

続いてふらりと現れた後攻のキタニは、挨拶代わりに1曲目「悪魔の踊り方」を披露。舞台後方に自身のシンボルである目をモチーフにしたネオンを掲げて、鋭く扇情的な声で歌唱した。ダンサブルなバンドサウンドが印象的な「Stoned Child」ではドラムのビートに身を委ねながら踊るようにパフォーマンスし、ミディアムバラードの「花の香」では和の雰囲気を感じさせる歌詞を丁寧に歌い上げた。

キタニはドミコのステージについて、「対バンできて超うれしいー!」「観ていて、『はあ……好き』ってなった」と喜びをあらわにしながら、自身がドミコのグッズTシャツをたくさん所有するほど彼らの大ファンであることを告白。また公演についても「最初にナタリーの人に『キタニくん、ツーマンイベントをやるから呼びたいバンドを教えて』と言われたので……ドミコって53回言った。ドミコドミコドミコドミコドミコ!」と興奮気味に語った。その後和やかな雰囲気から一変、「トリガーハッピー」ではダイナミックな歌声を響かせたり「I DO NOT LOVE YOU.」でシリアスな表情で歌い上げたりと、それぞれの楽曲が持つ独特な世界観に観客を引き込んだ。

終盤、水色のベースを手にしたキタニは疾走感あふれるナンバー「波に名前をつけること、僕らの呼吸に終わりがあること。」を披露。エモーショナルな歌声と流れるようなベースの演奏でフロアを大いに沸かせた。そして最後にハイテンポでアグレッシブな「芥の部屋は錆色に沈む」を勢いよくパフォーマンスすると、ファンたちの拍手を浴びながらゆっくりとステージをあとにした。

■ 「ライブナタリー Presents キタニタツヤ×ドミコ」2020年2月12日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト
ドミコ
01. わからない
02. まどろまない
03. 新曲(タイトル未定)
04. My Body is Dead
05. WHAT'S UP SUMMER
06. ロースト・ビーチ・ベイベー
07. 深海旅行にて
08. マカロニグラタン
09. こんなのおかしくない?
10. ペーパーロールスター

キタニタツヤ
01. 悪魔の踊り方
02. Stoned Child
03. Sad Girl
04. 花の香
05. きっとこの命に意味は無かった
06. 夢遊病者は此岸にて
07. トリガーハッピー
08. I DO NOT LOVE YOU.
09. クラブ・アンリアリティ
10. 波に名前をつけること、僕らの呼吸に終わりがあること。
11. 芥の部屋は錆色に沈む

最終更新:2/14(金) 22:14
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事