ここから本文です

今泉佑唯、主演舞台「あずみ」でビビりまくり

2/14(金) 15:55配信

サンケイスポーツ

 元欅坂46のメンバーで女優、今泉佑唯(21)が14日、東京・新宿の花園神社で主演舞台「あずみ~戦国編~」の成功祈願&製作発表を行った。

 2003、05年に上戸彩(34)の主演で映画化され、舞台では05年に黒木メイサ(31)、16年に川栄李奈(25)が演じてきた名作。刺客として育てられ、戦国の世に翻弄される女剣士の物語で、激しい殺陣が見どころ。

 今泉は「川栄さんの舞台の映像を見て迫力がすごく、大丈夫かなと不安になりました。歴代そうそうたる方々ばかりなので緊張しています」とビビりまくり。

 ただ、演出の岡村俊一氏(58)は「殺陣は歴代で一番うまいし、少女の役なので身長(153センチ)が低いことが利になっている」と太鼓判。「戦国時代に1人で生き抜くあずみと、群れ(欅坂46)から離れて芸能界の荒波の中で生きていく今泉の姿を重ね合わせて見ていただきたい」と力を込めた。

 今泉は、会見の合間にバレンタインチョコを報道陣に配るサービスも。共演の瀬戸利樹(24)、味方良介(27)、高橋龍輝(26)も出席した。

最終更新:2/14(金) 17:01
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事