ここから本文です

東北・みやぎ復興マラソン 10月3、4日に開催

2/14(金) 17:44配信

産経新聞

 仙台放送は14日、東日本大震災で被災した宮城県名取市、岩沼市、亘理町の沿岸3市町を走る「東北・みやぎ復興マラソン2020」の大会概要を発表した。大会は10月3、4日に開催し、参加申し込みを3月13日正午から受け付ける。

 大会は、多くのランナーに被災地の現状を知ってもらおうと、平成29年に始まった。昨年は10月の台風19号の影響で中止となったが、今年は名取市閖上(ゆりあげ)方面のコースを大幅に変更。3月に開通するかさ上げ道路を組み入れ、「復興の今」を体感できるコースとなっている。

 10月3日は車いすジョギング(2キロ)、親子ペアラン(同)、キッズラン(同)、4日はフルマラソンと5キロの部が行われる。総定員は1万6千人で、うちフルマラソンの定員は1万2千人。参加料はフルマラソンが1万2800円など。インターネットのサイトなどから申し込む。

 問い合わせは事務局022・796・4818(平日午前10時~午後5時)。

最終更新:2/14(金) 17:44
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事